ホームケア論


4 comments

講座の2級第2章と1級第1章・第2章で、注意事項も含めしっかり復習してくださいね。

☆芳香浴法
   ティッシュペーパーやハンカチ: 1~2滴
   素焼きのつぼや石: 1~2滴
   蒸気吸入: マグカップに湯を入れ1~3滴が限度 
           長時間は避ける(7~10分くらい)
           せきが出ている時や喘息の場合は行わない。
   ルームスプレー: 濃度は 0.5%
   アロマキャンドル(キャンドルや電気式): 
       1~5滴 (掃除はアルコールでふく)
       大きい上皿の場合 水を張って3~5滴 (掃除はアルコールでふく)
   芳香拡散器(ディフューザー)を使う場合は、取扱説明書に従う。

☆沐浴法
   全身浴: 1~5滴
       リラックスしたい時は、ぬるめ(38℃から40℃)ー副交感神経が優位になる
       スキットしたい時は、熱め(42℃以上)ー交感神経は優位になる
   半身浴: 1~3滴
   手浴、足浴: 1~3滴

☆ 湿布法: 1~3滴
      長く肌に密着するので、温度、時間、精油に対する肌の反応に注意
      生理痛の場合:仙骨(内部に子宮がある)に温湿布
      冷湿布にはペパーミントやユーカリ
      温湿布にはローズマリー

☆トリートメント: 1%以下の濃度 
           顔の場合は0.5%以下

☆基材
   水性: 精製水(水道水はカルキが入っているのでNG)
        市販の飲料水(国産はミネラルが少ない軟水なのでOK)
        芳香蒸留水(ローズ、ラベンダー、オレンジフラワー)
 
   その他の基材
        アルコール: 無水エタノールを使用
                 精油や油脂を溶かすためと殺菌のために使う
                  注)無水エタノール(99.5%)、消毒用アルコール(70%)

        ミツロウ(ビーワックス): 
                 ミツバチ(女王蜂や働き蜂ではありませんよ~)が巣を作るときに分泌するワックスで、ロウに分類
                                      融点は、60~66℃
                
                クレイ: 主成分は二酸化ケイ素(鉱物)
                  吸収・吸着・収れん・洗浄・被覆・殺菌作用
             カオリン(白): 長石や雲母が風化して出来た粘土

                 グ リセリン: 脂肪や油脂から採取される無色透明な液体。
                    アロマテラピーでは植物性を使う(とうもろこしなど)。
                          保湿性がよいが、入れすぎると逆に乾燥するので、5mlを限度にしておく。

          塩: 発汗作用
             天然塩を使う。

          重曹: 正式名は炭酸水素ナトリウム
              皮膚の柔軟・洗浄作用。肌をなめらかにする。
              パック剤として使用。
              バスソルトを作る時、重曹とクエン酸を加えると泡の出るものが作れる。

          ハチミツ: 入浴、パックに。

          ビネガー: シャンプーなどアルカリ性のものに中和剤として使うとよい。